一般社団法人 日本温泉気候物理医学会 The Japanese Society of Balneology, Climatology and Physical Medicine

学会のあゆみ

明治以降、西洋医学が発達し、温泉療法は臨床医学から閑却された。しかしながら、温泉医学の必要が叫ばれ、昭和6年九州大学に温泉治療学研究所が設置されて以来、相次ぎ国立6大学にも設けられ、治療と研究が盛んとなった。
昭和10年、本会は東京大学医学部内科物理療法学教室、日本温泉協会学術部を母体とし、温泉気候およびその医学的応用に関する学術的研究を目的として、有志が集まり結成された。
初代会長林春雄博士の尽力により、創立とともに日本医学会に加入、日本医学会の分科会として活動する。
その後、温泉・気候・物理医学およびその他の理学療法に関する学術的研究ならびに医学的応用を推進することを目的とし、以下のような活動を行う。

昭和10年1月1日日本温泉気候学会として設立する。
昭和10年1月25日日本温泉気候学会雑誌を創刊する。
昭和37年4月日本温泉気候物理医学会と改称する。
昭和37年5月発行の第26巻1号より日本温泉気候物理医学会雑誌と誌名変更。
昭和51年5月温泉療法医認定制度を設置、第1回認定を行う。
昭和55年5月温泉療法医認定のための教育研修会を毎年1回開催する。
昭和57年4月認定医による日本温泉療法医会を設立。
温泉療法医会会報を年2回発刊し、各地区活動を行う。
昭和58年4月上記教育研修会の講義録「温泉医学提要」発刊。
平成元年4月新たに認定温泉医認定制度を発足する。
平成7年5月優秀論文賞の新設
平成8年4月研修会講義録「温泉医学」(1990年)発刊。
平成8年6月「日本温泉気候物理医学用語集」発刊。
平成9年5月認定温泉医を日本温泉気候物理医学会認定医と改称する。
平成11年4月「入浴・温泉療養マニュアル」を発刊する。
平成16年5月「新温泉医学」発刊。
平成17年6月有限責任中間法人日本温泉気候物理医学会 設立
平成19年5月「新入浴・温泉療養マニュアル」を発刊
平成20年5月研究奨励賞の新設
平成20年12月法改定により一般社団法人化へ
平成21年5月一般社団法人 日本温泉気候物理医学会 定款変更

会員ログイン

フィードを購読